正視堂の歴史

  • メガネの正視堂のルーツは、昭和10年頃までさかのぼります。
    当時、故・臼井 近志の叔父にあたる金子秋三郎が大阪からメガネの技術を持ってきたのが始まりです。

  • 正視堂の歴史
  • 正視堂の歴史
  • まだメガネが珍しい時代。かぎ棒などを使ったレンズを切る技術、そして、眼を検査する技術を大阪で学び、臼井利秋は、九州に帰ってきました。メガネの正視堂の技術力は、このときまでさかのぼるのです。

  • 昭和21年4月。臼井利秋から伝えられた技術を元に、現在の社長の父、臼井 近志が大分の金池にメガネの正視堂をオープンしました。

  • 正視堂の歴史
  • 正視堂の歴史
  • 戦後間もない大分駅。大分で店を開くために、臼井 近志の兄・臼井芳数にフレームを100本借りて大分へ。

  • 当時は、空襲で焼け野原。大分駅から海が見えたと言われています。唯一焼け残った金池という地区に100本のメガネで店を出し、GHQの方を相手にメガネの正視堂を大分に開いたのです。

    正視堂の歴史

  • 正視堂の歴史
  • 正視堂の歴史
  • その後、昭和26年の春に今の竹町に移転。

    その後、多くのお客様に育てられ賀来店が平成2年の9月にオープン。
    オプトマックスが2002年(平成14年)の4月にオープン。
    2005年(平成17年)に賀来店が移転しました。

メガネの正視堂ブログ
WEB無料プレゼント 人気のメガネ拭きをプレゼント! クーポンはこちら
  • 簡易お見積もり
  • メガネ知っちょった情報
  • 補聴器

お気軽にお問い合わせください

メガネや補聴器でお困りの事など
お気軽にお問い合わせください。

TEL.097-532-6807

お問い合わせフォーム

営業日カレンダー

営業日カレンダー
  • 定休日

  • PAGETOP
    PAGETOP ▲