調節サポートレンズ『リマーク』

私達41歳と43歳の店長が実際二人とも数年使っています。
二人とも近視です。
以前は通常のメガネレンズでしたが、デスクワークも増え近くの作業に目の疲労を感じ始めていました。
そこで2年前からこの、HOYAレンズ調節サポートレンズ『リマーク』を使い始めたのです。

だからこそよく使用感がわかるのでお勧めしたいと思っています。

原理的に説明しますと・・・・

40歳から45歳のピント合わせができる距離は平均すると
20センチ(40歳)〜30センチ(45歳)です。
これは力一杯目の筋肉を使ったときの状態ですから長時間の作業をすると疲れます。

では楽な状態とはどんな状態かと言いますと・・・
持っている目の力を、半分以上抑えることなのです。
40センチ(40歳)〜60センチ(45歳)となるのです。

でも実際の作業距離は、30センチ(スマホ)40センチ(PC)。実用距離とは合わなくなります。

近視のメガネをかけている人は度数を下げれば近くの作業は楽になりますが遠くが見えなくなってしまいます。

この問題をすべて解決した。遠くもしっかり見えて、近くの作業に付加がなくなるのが『HOYAレンズ リマーク』です!

40〜45歳専用調節サポートレンズREMARK
パソコン、携帯メール、ドライブ、読書。遠くはすっきり、掛け続けて気持ちいい。
遠くをすっきりキャッチ

近視の方の目に最適なメガネレンズです。

近くを見続けていると、目の調節筋肉に負荷がかかります。リマークはその負荷を抑え、見る力をサポートします。

リマークの特徴

リマークの特徴

正視堂では目の調節機能測定をしたうえでレンズ決定いたしますのでご安心ください。

WEB無料プレゼント 人気のメガネ拭きをプレゼント! クーポンはこちら
  • 簡易お見積もり
  • メガネ知っちょった情報
  • 補聴器

お気軽にお問い合わせください

メガネや補聴器でお困りの事など
お気軽にお問い合わせください。

TEL.097-532-6807

お問い合わせフォーム

営業日カレンダー

営業日カレンダー
  • 定休日

  • PAGETOP
    PAGETOP ▲