オークリー

サングラス

オークリーのサングラスは、様々なシーンで活躍します!

オークリーのサングラスはここがすごい!

スポーツサングラスで大事なのは、何と言ってもレンズです。オークリーは独自の技術でレンズにおいても絶大な評価を得ています。全ては紹介出来ませんが、重要な次の3つの性能をご紹介します。

  • 紫外線カット

    紫外線カット

    オークリー全てのアイウエアに使用される素材プルトナイトは UVカット機能を練りこんだ特許素材で紫外線を 100%カットします。

  • 耐衝撃性

    耐衝撃性

    オークリーのレンズ素材プルトナイトは高純度のポリカーボネイトで異物が飛んできた場合もレンズが割れる事はありません。

  • 歪みのない視界

    歪みのない視界

    オークリーの光学技術によって、最も重要な見え方も高い水準をクリアしています。多くのアスリートが選ぶ理由として、「裸眼と同じ歪みのない視界」があげられるでしょう。

メガネ

  • オークリーのメガネフレームは、サングラス同様オークリー独自の技術が盛り込まれていて、特にフィット感に関しては他のスポーツメガネとは一線を画しています。
    日本人に快適にフィットするアジアンフィットや超軽量特許素材 O-Matter 製フレーム、汗や雨などの水分にも滑らずフィット感を増すアンオブタニウム製イヤーソック&ノーズパッドなど機能性も抜群です。
    又、サングラスとは違ったアイウエアのデザイン性もメガネを必要とするアスリートを魅了する要因の一つでしょう。

  • オークリーメガネ

オークリーとは

  • 1975年、ジム・シャナードによって創設オークリーの社名は、ジム・ジャナードの愛犬の名前からつけられました。
    当初はモトクロス(BMX)のハンドグリップメーカーとしてスタートしました。
    能性を備えたレンズとデザインを持つスポーツサングラスのメーカーとなり 90 年代にはアパレル、フットウェア、リストウォッチ市場へ展開しました。

  • モトクロス(BMX)のハンドグリップ

アメリカ軍の特殊部隊やデルタフォースでも採用されていて、現在はアスリートだけにとどまらず、幅広い人々に支持されています。
「あらゆる状況下においてどのように眼を守るか?」をテーマに技術開発を行い全世界で約 600もの特許を取得しています。
今や、誰もが知るオンリーワンのトップブランドです。

アスリートにも人気です。

  • 1998年 清水宏保
  • 2000年 高橋尚子
  • 2001年 ICHIRO
  • 2003年 宮里 藍
  • 2010年 国母和宏
  • 2014年 松山英樹
  • 2015年 大谷翔平

オークリーの特徴

オークリーのアイウエアは斬新な形状や奇抜なカラーリングの為、デザインに注目が集まりますが、独自のテクノロジーで機能性も群を抜いています。
まずはレンズに関しては、ANSI(米国規格協会)のアイウエア工業規格「ANSIZ87.1」高圧衝撃、高速衝撃、光拡散力、不均衡分光、屈折力、非点収差、解像パターン、UV プロテクションテスト、8 つの部門のテストにおいてすべての基準をクリアしています。
この8部門をクリアしているのはオークリーだけです。

高速衝撃

レンズ面に鋼鉄球を当て、レンズが眼に触れたり、 グラスパーツの破片が眼に入らないテスト

  • 高速衝撃テスト
  • 高速衝撃テスト

(直径:6.3mm 成分:銅鉄 速度:時速164km)

高圧衝撃

約 130cm の高さからレンズ面に尖った鈍器を落とし、 衝撃でグラスパーツの破片が眼に入らないテスト

  • 高圧衝撃テスト
  • 高圧衝撃テスト

(長さ:12.7cm 直径:2.54cm 重量:500g)

  • そしてフレームに関してもアスリートのパフォーマンスを向上させるため様々な機能が盛り込まれています。
    オークリーの超軽量特許素材 O-Matter を用いたフレームにアンオブタニウム製のイヤーソックとノーズパッドでアクティブな動きにも安定感のある掛け心地を可能にしました。

  • モトクロス(BMX)のハンドグリップ

    UNOBTANIUM( アンオブタニウム )
    水分を吸収する事でグリップ力が増す独自素材

  • 安定感のある掛け心地
  • 安定感のある掛け心地

オークリーは圧倒的な機能性に裏付けされたデザインの開発を行い、一般のスポーツ愛好家からトップアスリートまで絶大な人気を誇るブランドとして今も成長を続けています。

  • 簡易お見積もり
  • メガネ知っちょった情報
  • 補聴器
お気軽にお問い合わせください

メガネや補聴器でお困りの事など
お気軽にお問い合わせください。

TEL.097-532-6807

お問い合わせフォーム
営業日カレンダー
営業日カレンダー
  • 定休日

  • PAGETOP
    PAGETOP ▲
    ボーダー